音信不通 メール 内容

音信不通になった時のメール内容

スポンサーリンク

人は一人では生きてはいけないです。
赤ん坊の頃は、お父さんお母さんに育てられ、学生になると学校の友達と付き合うようになります。
社会人になると会社の人たちと協力して何かを作業したりします。
そんな中で仲がいい人が出来てメールを交わしたり電話をしたりすることもあると思います。
だけど何かのきっかけですれ違ってしまって音信不通になってしまうこともなくはないと思えます。
そんな友達にはどんなメールの内容を送って音信不通だった仲を修復したらいいのでしょうか、気になります。
まだ関係も浅いようなら、もっとあなたのことを知るために遊びに行かないという内容を送ってもいいと思います。
1年くらい一緒にいた深い仲ならまずは相手の状況を確認するところから始まります。
自分に対して怒ってるのか何か理由があって疎遠になるのか突き止める必要があります。

スポンサーリンク

音信不通になった友達にはできるだけ丁寧かつ、シンプルな内容でメールを送るのが一番です。
あまり深く聞きすぎてしまったり、軽薄な内容だともっともっと疎遠になってしまいます。
どうせならうまくいってまた面と向かって会うためには、徐々に段階を踏んでからにした方がいいです。
その方がお互いに心の余裕を持ち、まっさらな状態でまた関われるようになるからです。
もう一つの案としてその友達と仲がいい人にもリサーチするといいです。
そうすると違って見てくる顔や性格があらわになり、対策や方法も変わってきます。
クールな性格の人にならベタベタとした内容は送らずにあっさりとした文章の方が好まれたりします。
穏やかな性格の人には、ぴりりと刺激を入れるようなスパイシーな文章が効果てきめんです。
相手の出方を見て、自分の出方を決めるのもありです。

スポンサーリンク