音信不通 卑怯

恋人が音信不通になるのは一番卑怯なやり方

スポンサーリンク

昨日まで普通に連絡を取り合って仲良くしていた恋人と急に連絡が取れなくなってしまったという場合はとても注意が必要です。
ただ単に電話に出ないというだけであれば何かしらの理由があるかもしれませんが、それが着信拒否であったりメールアドレスを知らぬ間に変更されていたというような場合ならあえて相手が音信不通にしようとしていると理解するのが自然です。
本来、そのような卑怯な方法を使うような人ではなかったとしても相手が何かやましいことがあったり、本人には言えないような理由で別れたいと思えば卑怯だとわかっていても使ってしまうかもしれません。
音信不通になってからまだ日にちが浅い段階では怒りや悲しみが強く湧き上がってしまい、冷静な判断ができないことが多いです。
しかし、感情的な行動はより関係を悪化させてしまうだけなので落ち着くことが大事です。

スポンサーリンク

このような状況になってしまった場合、どうすることが最善なのかというと、待つことです。
相手との連絡手段が途絶えてしまったとしても、何かしらの理由があってのことかもしれないので、まだ好きだという気持ちが残っているのなら一度距離を置いたつもりで待ってください。
ある程度の日数が経過してから連絡があるようであれば、緊急的な理由があったかもしれません。
連絡がついたからといって、一方的に相手を責め立てるようなことも極力しないようにしてください。
ただ、心配していたという気持ちをしっかり伝えておくことができれば、その後トラブルになる可能性も低く落ち着いた話し合いができます。
しかし、ある程度の日数が経過していても相手から連絡がこなかった場合は相手が別れたがっている証拠なので自分がどうしたいのかという部分から行動を決めると良いです。

スポンサーリンク