彼女 音信不通 留守電

彼女に電話しても留守電になり音信不通となった理由と対処法

スポンサーリンク

付き合っている彼女に電話をしても、いつも留守電になり音信不通となってしまうのには何か話したくない理由があります。
まず、直近で会った時に何か様子が変だったり、言い合いになったりしなかったか考えてみてください。
その日以来、音信不通であればその日にあった出来事の確率は高いです。
あとは、個人的に仕事や人間関係でストレスがたまっていたり、忙しくて疲れているので話したくないということあります。
自分一人の時間や趣味の時間を大事にしたいということもあります。
辛いことですが、自分と距離を置きたがっていたり、別れたいということもあります。
はっきりと何でも話して欲しいところですが、彼氏に悪いのではないかと思い、なかなか話しづらくて電話に出ないこともあります。
そして、数日たってしまうと電話に出ないことを責められるのではないかと思い、更に電話に出られなくなることもあります。

スポンサーリンク

数日くらいは気にしない方が良いですが、一週間もたつとさすがに心配になってしまいます。
ですが、まだはっきりとした理由がわからない状態で、彼女に何度も電話をかけたり、待ち伏せしたりはしないで下さい。
余計に関係が悪化してしまいます。
まず数日たった頃、彼女に留守電を入れてみます。
その時は、心配してる、というよう内容を入れてみて下さい。
音信不通を責めるようなことを入れてしまうと更に電話に出なくなってしまうことが考えられるので、返事を促さないような内容が良いです。
もしくは、メールでも良いです。
それで数日たってみても連絡がないときは、彼女の上記のような理由で話したくないと思ってるので、こちらからは一旦、電話するのを辞めてみてください。
その後、彼女の方から逆に電話が無いことが気になって、連絡をしてくる場合もあります。
一ヶ月たっても、音信不通のときは辛いことですが、諦めることも考えてみて下さい。
ずっとそのことでストレスをためてる状態では何にも先にすすみません。
気持ちを切り替えて新たな人生を考えることも自分のために必要です。

スポンサーリンク