彼女 音信不通 待ち伏せ

彼や彼女と音信不通になった場合の待ち伏せについて

スポンサーリンク

交際中の彼や彼女と音信不通になった場合、放置された側は様々な方法で連絡を取りたいと考えるのが一般的です。
電話やメールはもちろんのこと、場合によっては自宅を訪ねたり職場の近くで待ち伏せといったパターンもあり得ます。
ですが、相手が意識的に音信不通にしている場合、このような行動は概してマイナスに働くことが多いです。
相手が彼女の場合には、状況次第でストーカーとして扱われてしまうことになります。
どうしても待ち伏せという方法以外思いつかない場合には、出来るだけさりげなく行うのがベストです。
出来れば自分から声をかけることは避けて、様子を窺う方が相手の反応が分かります。
待ち伏せは慎重に行わないと相手に恐怖感を与えることがありますので、音信不通の場合にも極力他の方法を探る方が賢明です。
電話やメールのメッセージ機能を利用するなどの方法が差し当たっては無難と考えられます。

スポンサーリンク

音信不通の場合の待ち伏せパターンとしてよく推奨されているのが、偶然を装うスタイルです。
自宅や職場にお店やレストランなどがあれば、そういった場所に出向くという方法もあります。
このスタイルの待ち伏せをする際は、他の友人や知人と一緒に行くのが相手に警戒心を抱かれずに済むコツです。
相手とコミュニケーションをとることではなく、自分を見せることにポイントを置く方が相手の気持ちを引き付けることが出来ます。
音信不通は、特に女性にとっては多い悩みです。
男性と女性とでは恋愛に対する感覚が少なからず異なることから、時に要らぬ心配や不安を抱えることが多くなります。
恋愛の一つの終わり方として連絡を絶つという方法をとる男性も存在するため、女性は相手に翻弄されないように注意することが大切です。
時間を無駄にすることがないように、対策を立てることが必要となります。

スポンサーリンク