音信不通 手紙 文例

音信不通の際の手紙の文例について

スポンサーリンク

音信不通の打開策としては、手紙という古典的な方法もあります。
電話や電子メールが一般的になっている昨今では、敢えてこのような古典的な方法を試みることも時に有効です。
手紙は出来れば直筆で、丁寧に記載するのがベストとなります。
美しい字の方はそれだけで印象を良く出来るため、手紙という選択はプラスです。
こういった手紙で復縁を行う場合には、状況に応じて最適な文例を考えることが必要となります。
音信不通の理由が相手の気持ちの変化にある時は、背景にある相手の心理を読んで墓穴を掘らないような文例を用いることが大切です。
文章は余り長くならないようにまとめ、あっさりとした印象に仕上げた方が効果があります。
相手の精神的な負担にならないような、工夫をすることがポイントです。
重すぎる内容は、却って逆効果となるため極力避けます。

スポンサーリンク

復縁を願う手紙を書く場合は、自分の真意を悟られないことが一つのポイントです。
関係を続けたいという気持ちが背景にあっても、実際の文面には敢えて書かないのがコツとなります。
相手への気持ちや感謝の気持ちなどを素直に表現するのが、例えば無難なまとめ方です。
喧嘩をした場合以外は、特に心当たりがなければ謝る必要はないと考えられます。
余り謙った内容だと却って自分の印象を悪くしてしまうことがあるため、対等な立場を貫くのが良い方法です。
特に女性が陥りがちなのが、自分の欠点や問題点を書き並べるパターンです。
こういった内容は、相手にとって重いだけでなくさらに印象を悪くすることにもなりかねないと言えます。
性格や行動に関係なく男性の気持ちが離れることは多々ありますので、敢えて自分のマイナス面をさらす必要はないのが本当の所です。

スポンサーリンク