音信不通 友達

友達と音信不通になったら、状況分析で理由を探れます

スポンサーリンク

 友人関係は、会う頻度や、話す内容などを変えて、その度合いを変えている場合があります。
しかし、突然連絡などが途絶えてしまう、といったケースなども日常生活には存在します。
 仲の良い友達と、突然音信不通になってしまう場合もあります。
この場合には、仲がいい事、ある日突然というのが、キーワードになります。
今まで、何の問題もないと思って会話もしていたのにと思うかもしれませんが、もう一方にとっては、勘に触る内容が存在していた可能性があります。
最近まで普通に会話もしていた状態であれば、やはり最近の会話の内容などは十分に振り返ってみる必要があります。
自分では深意なく言ってしまった発言でも、相手が傷ついている可能性があります。
 音信不通がある日突然というケースでは、相手の友達にも、何か緊急事態などが発生している場合もあります。
レアケースとも言えますが、この場合には、確認のために情報収集が必要になります。
友達としての信頼感が強い場合には、この様な場面も疑ってみる事も出てきます。

スポンサーリンク

 友達と音信不通になってしまう状況として、一方にとっては突然で、もう一方にとっては必然などのケースも存在します。
 例えば、友人と思ってかなりの期間行動を共にする場合があります。
慣れ親しんだ間柄と思って接し、会話なども弾んでいる場面などもあります。
この様なケースであっても、実は相手にとっては、会話の内容や、自分に対する接し方に不満をもっていた可能性があります。
要するに、相手にとっては、不満をもちながら、表面的な付き合いをしていた事になります。
相手からしてみると、突然ではなく、やっと今という場合があります。
 音信不通になってしまった相手が一人であっても、他の友達も自分に対する態度が何か変だというケースもあります。
この場合には、やはり自分の過去の行動や、人への接し方などを振り返って、原因を追求する必要があります。
 音信不通状態になった場合には、自分の行動を振り返り、相手の状況なども鑑みる事で、状況判断ができる可能性があります。

スポンサーリンク