音信不通 ちゃんと別れたい

音信不通でちゃんと別れたい場合にも、相手への配慮は必要です

スポンサーリンク

 恋愛関係においては、別れが確実に両者の間で判明している場合と、自然消滅で別れを迎える場合などがあります。
 相手と音信不通になってしまう場合もあります。
お互いに、最近疎遠になってしまって、付き合っているのか、終わった状態なのか、判然としないケースもあります。
どちらかが、ちゃんと別れたいという思いをもっている場合もあります。
この様な場合には、メールなどが可能な状態であれば、まずはメールでその旨を伝えてから、その後の予定を立てるなどができます。
 音信不通になっても、どうしても会って相手と話してから、ちゃんと別れたいという人もいます。
万一、連絡をする手段が絶たれたのであれば、手紙を郵送するなどの形で、相手の意向を尋ねた上で、会って話をする事もできます。
 いずれの場合であっても、連絡が途絶えるという事は、何かの理由、確固たる気持ちが働いている可能性があります。
相手の意向を確認した上で、自分の気持ちを押し付けない範囲で、会うなどの約束をする必要があります。

スポンサーリンク

 音信不通になって、ちゃんと別れたいという場合には、その自分の気持ちが発生する理由を探る事も大切です。
自分に明確な区切りをつける事で、新たな一歩を踏み出したいから、という理由であれば、自分側の気持ちが強く働いている事になります。
場合によっては、相手がこれ以上の接触を望まないケースもあります。
無理強いをする事で、関係性が拗れたり、気持ちの行き違いが新たに発生する事も考えられます。
相手にとっての必要性の有無にも、配慮が必要になります。
 音信不通の状態でも、別れが決定的にはなっていなくて、お互いの気持ちがわからない、というケースもあります。
別れるのであれば、ちゃんと別れたいという時には、相手にもその意向をはっきり伝える必要があります。
共通の友人を介してなど、方法はいくつかあります。
お互いの気持ちが別れる方向で一致した場合には、そこで関係性を断ち切る前提が、相手にも必要になる事があります。
 どの様な場面でも、相手への気持ちの配慮をしてあげる事は、別れへの大切なステップでもあります。

スポンサーリンク