うつ病 音信不通 別れ

うつ病のパートナーが音信不通になったら別れましょう

スポンサーリンク

うつ病患者は基本的には他者との接触を避ける傾向にあるといわれています。
それはその人のことが好きだとか嫌いだとかそういった感情とは全く異なる次元のもので、とにかく他者と関わることや話すこと、会うことなどという健康な人間には普通に出来ることが出来なくなってしまうのです。
それは病気がさせていることなので仕方のないことであり、例えば足を骨折した人間が歩くことができなくなるとの同じようなものなのです。
ですから、もし恋人やパートナーがうつ病になってしまったときに突然音信不通になってしまったとしても、決してそれを責めてはいけません。
かといって過剰に責任を背負い込むこ必要はなく、結婚していないのであれば別れても構いません。
「うつ病のパートナーを支えながら生きていく」などと口にするのは簡単ですが、それは想像以上に難しいことなのです。

スポンサーリンク

まず、何の予告もなく音信不通になるパートナーをその度に心配するのは非常に疲れます。
自分にも相手にも非はないと分かっていても、自分を責めたり相手を責めたりしてしまうでしょう。
そしてその疲労がピークに達すればパートナーだけでなく自分自身の精神が不健康な状態になりかねません。
これでは共倒れしてしまうだけで、パートナーにとっても自分自身にとっても決していい結果ではありません。
そんな風にして互いを傷つけ合うような関係を続けるのであれば、別れてしまった方が双方のためになるのです。
無理なものは無理といい拒絶することが結果的にはそれ以上の傷を増やさずに済むことに繋がります。
そしてこれを読んでも尚「うつ病のパートナーとは別れずに付き合い続ける」と判断した方は相当の覚悟があるのだと思います。
そういう方はまず図書館やインターネット等を利用してうつ病について調べてみて下さい。
そして、可能であればパートナーがかかっている心療内科等の医師やカウンターなどと直接会い、相手の状態や接し方などのアドバイスをもらって下さい。
そこから、未来への一歩が開くかもしれません。

スポンサーリンク