b型 男性 音信不通

b型男性と音信不通になった時

スポンサーリンク

もし、今b型男性と何かしらの関わりがあって、さらに突然音信不通になっている方がこの記事を読んでくれてると思います。
そして、大変悩んでらっしゃると思います。
でも、安心してもいい場合もあります。
男性と音信不通になるには、いくつかのパターンがあって、大きく分けると、自分から連絡すべきものと、放置しておいた方がいいもの、もうその方との関わりはやめて、諦めた方がいいものと、あると思います。
そこで、私の知る限りの、b型男性の心理をお伝えしたいと思います。
そもそも、どれだけ連絡が来なかったら音信不通なのかも、悩むところですね。
一般的に、音信不通の期間として転換期を迎えるのは、3か月くらいのようです。
この数字を見ると結構長く感じますよね。
その3か月をどう過ごすかはかなり重要なものになってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まず、自分から連絡した方がいいパターンですが、ある程度付き合ってから、2人に何も思い当たる問題がない時です。
これが1番悩んでしまうかもしれませんが、b型男性は、何かに没頭しやすい傾向にありますので、付き合うにつれて、慣れてくると、趣味に没頭しすぎてつい連絡を後回しにしてしまっている可能性があります。
これは男性全般に言えるかもしれませんね。
放置しておいた方がいいものは、自分の方を見てもらいたい時です。
追えば追うほど、逃げる生き物であり、天邪鬼の正直者というよくわからない性質を持ち合わせているので、興味があるときは返信が速いし、用事がなくても向こうから連絡してきます。
それがないのにこちらがアクションを起こしても、相手の気持ちは遠くなるだけです。
でも、放っておけばフェードアウトされてしまう不安があるなら、周りから攻めてみましょう。
数人で会うセッティングをしてもらうなどしてみましょう。
諦めた方がいいものとしては、何度もこういうことがある時です。
どんなパターンでも、とにかく一人の人に固執するとせっかくの魅力や他の人とのチャンスが半減します。
運命の人とは必ずどんなことがあっても結ばれるので、3か月楽しいことを見つけるのが1番の近道です。

スポンサーリンク