うつ病 彼女 音信不通

うつ病の彼女が音信不通になってしまう心理

スポンサーリンク

今や誰にでもなる可能性があると言われている現代病、うつ病ですが、自分の彼女がうつになってしまうということもありえます。
彼女がうつ病になってしまい、連絡を取りたくても音信不通になってしまうということも当然ありうるわけです。
そんな時、彼女の心理はどのようなものなのか、また、そういう状況になってしまった場合、どのように対応したらよいのかというのは、大変気になるものです。
うつ病と一言で行っても色々タイプがあり、自分の悩みを色々な人にしゃべりまくって、やや他人に依存してしまうタイプの人と、悩みを一人で抱えてしまい、他人と接することを拒絶して音信不通になってしまうタイプの人とあります。
前者の場合、むしろ彼の方から連絡があれば、率先して色々話をしてくれますが、後者の場合、彼の方から連絡をしても、ほとんど無視されてしまうということになりかねません。

スポンサーリンク

しかし、無視をされているからと言って、彼女が彼氏のことを嫌っているというわけではないのです。
うつになった理由にもよりますが、対人トラブルが原因の場合、やや対人恐怖症気味になり、人に何かを指摘されたり、自分がどう思われているかということに対して極端にマイナスに考えてしまいがちです。
そうなると、彼氏に限ったことではなく、友達や家族、周囲の人全般から、距離を取りたいと思ってしまい、本来嫌いでない人でも「今は話したくない、そっとしておいてほしい」と思ってしまっているのです。
そういう場合は、無理に何度も連絡をしたりせず、「自分は君の味方なので、体調が良くなって話したくなったら、いつでも連絡をください、待っています」と、彼女を見捨てず自分はいつでも受け入れるという姿勢を一先ず伝え、返信を強要しない態度が、もっとも相手を安心させることができる良い対応と言えるでしょう。

スポンサーリンク