音信不通 手紙 書き方

音信不通になった時の手紙の書き方

スポンサーリンク

人は一人では生きてはいけないです。
赤ん坊の頃はお母さんやお父さんに育てられ、学生になると学校の友達と付き合うようになります。
社会人になると会社の人との繋がりが大きくなって、いろいろな交友関係が出来てきます。
そんな中で仲がいい人も出来れば理由があって疎遠になり音信不通になる場合もあります。
そんな時は手紙などを書いたりして音信不通から一歩、脱出するのもいい手です。
手紙の書き方はその人との仲によっても書き方が異なってきます。
その人とかつて親友だったのなら気さくにフレンドリーにあの頃を思い出して書くのが一番後腐れないです。
知り合い程度の人に書く時は自分は今なにをしてるか、相手は今どうしているのか聞くことから始めるとベストです。
お互いのことを教えあううちにまた昔のように元に戻ったりするのが楽しみです。

スポンサーリンク

友達はいいとして、昔の恋人やすきだった人に書く手紙はどうしたらいいのでしょうか、迷います。
異性として意識しているということは友達とは勝手がどこか違うので真剣に紙に向き直ってしまいます。
すきな相手なら音信不通だけど前からすきでしたとそのままストレートに告白するのも吉で、勢いがある方が絶対に成功します。
元恋人に送る時は、まず目的を確認します。
ヨリを戻したいのか、はてさて今どうしているのか知りたいのかを丁寧に書き込みます。
はじめから目的を決めておくてあとからずるずる流されても平気です。
久しぶりにつながる友達なんかに便りを書く時はとてもドキドキします。
でもネットでその人のアカウントなんかを探すよりも誠意を感じられて相手にとっても好印象を与えてくれます。
真面目なことやいい印象を持たせたいなら手紙を書くといいです。

スポンサーリンク